☆ 教室便り ☆

2013/01/23 23:02
今日はお教室でした。
入ってくるときの生徒さんの第一声が全員”寒いですね~”でした(*^_^*)
カレイドスコープのキルティング中のNさんは落としキルトが全体にとおってとてもいい感じ!
少し糸の引きが弱かったかな?
でもトップと綿と裏布がずれるような感じもなく針目もそろっています。
丁寧に縫われているのがよ~くわかります。
ほんの小さなコツ・・・針を進めて糸を抜くときに一瞬でクッと糸が布に入り込む!
Nさんの場合は、布と綿と裏布の3枚に対して垂直に針が下りていないのが一番の原因、そして強くひきすぎないようにとゆっくりズルズル~っと引くのを改善すればもっと素敵にラインが入るかな?
数をこなしながら、左手を鍛えていくと上達するかな? 
今日はピースの間のキルティングラインを書き込んで次のステップに進みました!
がんばれ~~(*^_^*)
    CIMG0361 - コピー
ドレスデンのベットカバーのキルティング中のSさんの途中経過です
バイアス方向のキルティングは布がよじれぎみ。。。
Sさんは糸の引きが強いのと、しごきが少ないのを改善すべく自分の手に教え込んでいる最中です!
    CIMG0363 - コピー
小さな作品で積み重ねていくのもいいけれど、ベットカバーサイズでキルティングを集中トレーニングするのはかなり効果的ですね!!
出来上がった時の達成感も最高でしょう!!
6月のキルト展に向けて私も負けぬよう頑張らねば!!
    CIMG0364.jpg
Sさんは新しくアップリケキルトに挑戦です!
今日はライティングテーブルを使って土台布に図案を写しました。
中心は柴田先生のパターンを使い、土台布とパーツの布の一部は私が提供して配色布は自分で探してきてもらうことにしました。
”え?そんなんふつうでしょ?”って声が聞こえそうですが、生徒さんもいろいろ、お教室のあり方もいろいろです。
左側のサンプルは無地をたくさん使っているので、そこに素敵な柄布を持ってきてほしいとの提案に、以前なら”無理”と言っていたSさんですが、”楽しそう!!”とやる気満々。
パターンの周りのデザインもアドバイスしながら書いたり布を選んだり、自分のキルトに取り組んでもらいます。
”先生、どっちかひとつに決めれんかったら、私もう一枚作ります!”
というSさんに
”作品は一つ!! 悩んで悩んで一つに決めてください。 もう一つの生地はまた別の違うキルトで輝かせてあげましょう!”
と話をしたことでした(*^_^*)
とっても気持ちがわかるし、これが仕上がるまでにまた全然別のキルトのことで頭がいっぱいのはず(^_^)v
Sさんは今週末東京ドームでも生地をたくさん買ってこられることでしょう!!
どんな生地が登場するか、とっても楽しみです!!
生徒さんの一歩前進がとってもとっても嬉しい私です(*^_^*)
さて、明日は超ハードワークな日!
今日生徒さんからもらったエネルギーでがんばりま~す!!
   にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ    blogram投票ボタン 
 親愛なるパッチワーク愛好家の皆様、いつも応援ありがとうございます
   今日も素敵な制作日和となりましたか?♪    
スポンサーサイト
 Home