2013-10-30 22:48 | カテゴリ:パッチワーク
今日は午前、午後と2クラスのお教室でしたがどちらも少人数なので充実した時間となりました。
先日、カメラが壊れてからスマホのカメラで代用していますが、お教室中の写真を撮り忘れてしまいました。
スマホのカメラも画素数は申し分ないのですが、色や輝度が今一つ・・・
最近のブログの写真がくらい感じなのをカメラのせいにしちゃいます!!
さて、午前中の生徒さんはご自分の生地で糸巻きのポーチを作ります
その時のエピソードを一つ。
    DSC_0376.jpg
この鋏、100円ショップで購入したものですが刃渡り12センチがなかなかの魅力でした。
このピースをカットするのに一辺を一度でカットできるのでカーブがなめらかになり、作業も早く進みます。
直径3センチの円や10センチ四方の正方形をカットする時に重宝する鋏です。
100円ショップの鋏の良いところがもう一点。
面が粗いので、布が逃げないこと。 
寿命や質に関しては今一つですが、意外とこれが長持ちするんです。
どんなに高価な鋏でも、研いで使うものでなかったら、一か所引っかかりができたらアウトなんですよね~

午後のクラス、昨日作った糸巻きのポーチのキットはNさんが黄色系、残ったピンクの入った方はSさんが引き取ってくださいました。
次回柄合わせが楽しみです!!
    DSC_0371.jpg
大好きなお店のシュークリームをいただきました(*^_^*)
晩御飯後のデザートにいただきました!
    DSC_03841_20131030222911ff7.jpg
松浦先生の本は大すきです。
この表紙のオクタゴンのミニキルト。 
30年ほど昔の松浦先生の本でも同じデザインの色違いで掲載されていました。
    DSC_0390_20131030215342cfc.jpg
それを参考に数年前に作ったキルト。
同じデザインでもこんなに違って見える。 
これが柄合わせ、色合わせのおもしろさ、楽しさですね~(*^_^*)
現在進行中のパイナップルのパターンもずいぶん昔に松浦先生の本で見た記憶を頼りにつないでいます。
凝ったデザインも面白いけれど、基本のパターンからもまだまだ楽しむ要素がありそうです。
   にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ    blogram投票ボタン 
 親愛なるパッチワーク愛好家の皆様、いつも応援ありがとうございます
   今日も素敵な制作日和となりましたか?♪
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://korobokuru.blog43.fc2.com/tb.php/108-be2739ee