☆ お教室便り ☆

2014/09/18 00:04
秋晴れの気持ちのいい日でした。
お教室もエアコンを緩くかけていたのですがあまり効いてなかったな。。
   IMG-_1390.jpg
まずはとても素敵な作品から。
Nさんがゆっくりじっくり丁寧に作られた三雲先生のキットのバッグが仕上がりました。
昨年は三雲先生の講習会もあったり素敵なバッグを拝見することができましたが、
Nさんが仕上げてくださったので、近くで見ることができます。
この煉瓦の部分も5ミリ幅の細かい生地をピーシングされていて手作りとわからないくらいの」綺麗な仕上がりです。
これからの季節、黒を着るときに品のあるバッグでいいですね。
和服にも似合いそう~~というお話もしました。
    IMG_1392.jpg
Nさんのダブルウェディングリングは、布を準備してから図案を一回り大きくするとのことでリングの数が1.5倍になったので、慌てて生地を追加追加しながらの作業になりました。
生徒さんが多いとたくさん生地を仕入れることもできますが、必要分を計算してできるだけ無駄をなくしながらのネットでの注文・・・
縫い代の取り方によっても誤差が生じたり・・・
綱渡りのようです(笑)
そしてよく失敗もします。。。
今回は交点の大事な生地がSold outになっていたので、また新たに配色し直して、再度注文しました。
多少無駄が出ても、手間をかけ時間をかけ、実際に布を置いて悩みながらの作品作りは最初から綺麗に整ったキットを使っての作品作りよりは生徒さんたちの達成感&次作品への課題にもつながるのではないかと思います。
手持ちの生地をあまり持たない生徒さんも大作を手掛けることができるんじゃないかな?と。
    IMG_1391.jpg
Sさんのミニトートも最後の仕上げになりました。
今日は持ち手を付けています。
テープの中央にレザーを縫いつけてました。 
この後半分に畳んで細くしっかりと握りをつくります。
    IMG_1395.jpg
Sさんの次作品、各ピースが大きいのもありますが、もうこんなにつながりました。
ホームキルトという本にあるパターンです。
ここまで上品に仕上がってきました。
ボーダーの布選び、緊張します。
他にもバニティポーチ、モンステラのクッション等写真を撮っていませんが、皆さん並行して針を進められています。

ここからはわたくしごと。。。
今朝は秋晴れのとてもいいお天気でした。
庭の柿がいい色になってきたのでいくつか収穫しようともぎ取っていたら、腕に強烈な痛みが・・・
以前も経験したことのあるこの痛み。。。
綺麗な黄緑色のイラガの幼虫に手首から肘までの中間の部分を刺されました。
蛾の大量発生のニュースも見ますが、今年は毛虫の数が半端ないです。
アレルギーや敏感な子供たちの多い今、蛾の鱗粉も一定の量を超えたところで・・・と考えると怖いですね。
刺されたところはお決まりの対処、ガムテープで皮膚の表面を拭き取り、流水で洗ったあとムシ刺され用のウナコーワを塗り、痛みをこらえました。
しばらくすると痛みとかゆみがおさまり、腫れが広がり、腫れた部分はかなり熱を持っています。
午前中の教室の後、腫れがひじを超えて二の腕方まで広がってきたので皮膚科に行くことにしました。
家から近いK皮膚科の診療時間をHPで確認して行くと、”ドアに水曜日午後休診”と書いてある。
え~~HPを作るんだったら更新もしてよ~~
と思いながら桟橋方面の皮膚科をさがしました。
いつも患者さんが多くて待ち時間が長いけど、子供たちがちいさいころお世話になったU皮膚科に行くと
”本日の時間予約の受付は終了しました” 
あ~~予約もできないなんて・・・
U皮膚科から家までの間にあるH皮膚科に行くと”都合により24年3月より水曜日午後は休診させていただきます”とのこと。
うわ~~ネットの情報、あてにならない~~
と思ってたら、もう一つ近くの”Sクリニック”の診療科目に皮膚科があることに気が付き、なんとか診察をしてお薬ももらって来れました。 
今後予想される症状等、丁寧に説明もしてくださって、若い感じのいい先生でした。
3か所目あたりから電話してから向かうのが常識だけれど、それだけ近い所に皮膚科が4つあって、
ことごとくハズレくじを引いてしまいまった私です(笑)
腫れと、たまにチクチクと痛みとツッパリ感があります。
早くお薬がきかないかな~~
長々とお付き合いいただき、ありがとうございました
   にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ    blogram投票ボタン 
 親愛なるパッチワーク愛好家の皆様、いつも応援ありがとうございます
   今日も素敵な制作日和となりましたか?♪

 


     
スポンサーサイト
← ☆ お教室だより ☆ | Home | ☆ やっと次作品決定しました ☆ →



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

おはようございます。
今日は最初から素敵な作品に見惚れてました
素敵ですね。そして細かいです。
やっぱい時間かけてゆっくりいい作品作りたいですね、
つくづく思いました。他の方の作品も素敵で
下のパターンとっても気に入りました。挑戦したいですね。

毛虫にやられましたか。
昔、山茶花植えてた時も葉っぱにぎっしり
毛虫が重なってて葉っぱがもうない状態で
毛虫は触らなくても毛が飛んでくるし

家の二男しっかりやられました。
お世話になってる小児科へ行ったら「毛虫だね」でした。
まだ5~6歳だったから
子供ってかいてしまうから、つきっきりでしたし
熱も出てきて大変でした。

最近日本おかしいのでは?って思いますね
早く治ると良いですね。
痛いでしょうが、無理しないでくださいね。



生徒さんの黒いバッグ、ほんとに上品で素敵です(*^-^*)
布選びなど丁寧に指導されているからこそ、生徒さんたちの意欲も向上するんでしょうね。
蛾に刺され、皮膚科も4軒まわる羽目になり災難でしたね。
早くお薬が効いてよくなりますように。



バッグは力作ですね。
私はキットとか買わないのですが、きっと勉強になるんでしょうね。
今度ドームに行ったときに買ってみようかな。

デザイン変更などよくありますよね。
用意した布が足りなくなることもよくあります。
個人でもそうなんですから、生徒さんがとなると
大変ですね。

虫刺されでそんなに腫れあがるなんて、蜂のようですね。
それはとんだ災難でした。
手が使えないと不便でしょう。
早く治るといいですね。
病院は水曜日お休みだったり、午前中だけというところが多いですよね。
私も昨日皮膚科がお休みで、薬が足りず、
喘息で内科に行ったついでに皮膚科でもらう薬を
頼み込んで3日分処方してもらいました。
田舎の個人病院だからなせる業?(笑)



ちくちくHOUSEさん♪

素敵なバッグでしょう??
細かい作業を丁寧に」仕上げただけの事はあって
大切な作品になったと思います。
面白い、素敵なデザインのバッグを提供できればいいのですが
私にはその才がないので、市販のキットのお手伝いをさせていただいてます。
サークルのキルトも単純なパターンですがこれからキルティングで楽しんでいきます。

ありがとうございます!!
そうなんです、毛虫は毛が飛散したり、刺さった毛が折れてさらに広がったり・・・
うちの息子もひどくなったことがありました。
私も今回凝りました。。。



yusamama さん♪

この先生のキットは細かくてすぐでできるようなものではありませんが
きちんと仕上げると、そこらにない素敵なバッグに仕上がります。

布選びは本当に大変ですが、勉強させていただいてます。
生徒さんも気長に付き合ってくださいます。
ありがたいことです。

木曜日ならともかく、こんなに回らないといけないとは・・・(笑)
お薬のおかげで腫れもずいぶん引いてきました。
ありがとうございます。



エッサさん♪

私もキットを買うことはなかったのですが、
こういうキットなら作ってみたいな、って初めて思いました。
そう、私もそういう時に何か見つけてこようと思ったんです(笑)

デザイン変更、生地の追加、多々ありますが
気長に待ってくださる生徒さんに感謝です。
ほんとうに勉強になります。

皮膚科、水曜日お休みが多いの??
木曜日がお休みは知ってたけれど初めて知りました。
行きたいときに病院が閉まっているのはつらいですね。
かかりつけの病院では、多少無理を言うことがあります(笑)
私は子供たちの行く小児科でついでに見てもらってお薬を出してもらったことがあります。
が、内科で皮膚科の・・・は未経験ですよ(笑)
ありがたい配慮ですね!!



またまたお邪魔します。
皮膚科だけというより、昔は木曜午後から
休診でしたが、最近は水曜日午後の
医院が多いですよね。
私が通ってた(前の時)の皮膚科は木曜でしたがね。
本当に調べてから行った方が早いですよね。

その後痛くないですか、って時間がたたないと
なかなか治らないけど、
無理しないでくださいね



ちくちくさん♪

そうだんですか(*^_^*)
こちらは木曜日がまるまる休診の委員が多くて
おまけに水曜日午後が休診なんだそうです。
他の病院と掛け持ちをされていたり
介護施設への往診に行かれているようです。
一応ネットで調べたんだけれど
電話してからいくべきでしたね。

ありがとうございます!!
もう腫れも引いて、痛みもなく
刺されたところが小さな傷になっている程度です。
良かった~~



Trackback

Trackback URL:
 Home