☆ お教室便り ☆

2015/06/10 20:29
午前、午後と展示会が終わってから初めてのお教室でした。
皆さん、ご自分の作品に対してと他の作品に対する感想で盛り上がりました。
ここにUPできませんが、許可をいただいてたくさんの作品の写真を撮らせていただいていたので
一緒に見ながら振り返りました。
    DSCF1178.jpg
    DSCF1181.jpg
素敵な作品なのでしつこくUPします。
裏のキルティングラインもとてもきれいです。
この作品は均一に入った美しいキルティングもたくさんの方から褒めていただきました。
    DSCF1184.jpg
こちらのキルトも素敵です。
リングの中のキルティングをもう少し追加するそうです。
こうやって見ると、リングの部分とベースの黄色の部分が別のキルトのようにも見えます。
会場で離れて見て気づく事もありますが、私の指導のミスでもあります。
次回から途中経過の確認を怠らないようにしなくては。
    DSCF1194.jpg
いきなりサンタクロースですが、Sさんの去年からの続きが始まりました。
星から放射状のキルティングが入り、ほぼ完成です。
あと2つ、クリスマスキルトを制作中です。
    DSCF1199.jpg
午後のクラスではNさんが手持ちの布でバニティポーチを作られています。
お友達へのプレゼントだそうです。
柄がかわいくて、目的もなく購入した生地だという事で
そのまま柄を生かしてキルティングされています。
こういうキルト楽しいですね~~
    DSCF1204.jpg
車用のシートクッションをベアーズボーで作ります。
おしゃれにソレイヤードを基本にそろえてみました。
型紙を作って生地を選び、次週もう少し生地を足していこうと思います。
    DSCF1202.jpg
いくつか写真を撮り忘れましたが、Yさんは四角つなぎのミニトートがとてもかわいくキルティングが終わっていました。    
こちらはソーイングケース用の生地を選んでもらいました。
グリーン系で・・・という事でしたが濃いグリーンの生地があまりなく、ベースに黄緑のギンガムをチョイスして糸巻の部分に濃いグリーンを施すそうです。
表と裏の雰囲気を変えて黄色の生地もチョイス。
こだわり、方向性を持った生徒さんなので、できる限りご自分でチョイスでもらいました。
キルトジャパンとキルト教室の2冊を一緒に見ながらワイワイしていると
作りたいものができたようです。
2つ宿題をもらって今日のお教室が終わりました。
それよりも、ビックリ!!
買ったばかりの本ですが、今日パッチワーク通信社が倒産したというニュースが入りました。
ほんとかな?? 
近くのキルターさんの作品が掲載されると、楽しみにしていたのに・・・
インターナショナル・キルトウイークはどうなるんだろ??
かなりのショックです。
  にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村    blogram投票ボタン 
 親愛なるパッチワーク・キルト愛好家の皆様、いつも応援ありがとうございます
   今日も素敵な制作日和となりましたか?♪  
スポンサーサイト
← ☆ じめじめは嫌ですね ☆ | Home | ☆ やっとお休み~~ ☆ →



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

えっ??パッチワーク通信社、倒産ですか?ショックが大き過ぎますねぇ....
詳細がそのうち聞こえてきますよねぇ....

生徒さんの丁寧で素敵な作品に、パソコンの画面に顔を近づけて見てました(^_-)-☆裏も綺麗で~指導されたKAHORUさんのお力ですね。何度見ても綺麗です~

ご自分の意見をしっかり持たれている生徒さん、頼もしいですね。私も、「頑張って作るんだから、自分の色で気に入るものを作っていただけると嬉しいです~」と、いつも教室で話しているんですが、なかなか....です。

そろそろ、クリスマスですね~今年こそ見本から頑張ろうと思ってます!



ごん太さん♪

そう、ビックリです!!
先ほどフェイスブックの方に通信社から”年間購読者への返金”の投稿があったので、間違いないと思います。
「パッチワーク通信」「パッチワーク倶楽部」「パッチワーク教室」「和布くらふと」
すぐ思いつくだけでもこれだけの雑誌が無くなるって・・・ショックです。
もうただただ生徒さんの努力です。
たくさん見てあげてくださいね(*^_^*)

先日ほかの先生からも生徒さんの指導の仕方をいくつか指摘されました。
私が過剰在庫を抱えないlことも含め、生徒さんの自立を促さねば・・・
と思っています。 少しずつ~~



作品展に展示された大作は本当にキルティングが美しく、日常使いにしてもよれたりすることなく風合いを増しそうです。
離れたところから見て気になった部分を手直しするというこだわりは見習わなくてはいけませんね。
KAHORUさんの生徒さんたちは意欲的でいつも刺激をくださいます。

手芸人口が減っているとはいえ、有名な雑誌を刊行しているパッチワーク通信社さんが倒産なんて信じられませんね。



私もかなりショックでした。
ネット友さんが入れてくださったコメントでいやな予感がして
ニュース検索してみたら『倒産』の文字。
働いていた方は6月の頭の時点では知らなかったのでしょう。
でなければ次号の掲載の依頼の電話はこなかったでしょうから。
残念ですね。とても残念です。
キルトウィークはなくなってしまうんでしょうかね。



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます



yusamamaさん♪

キルティングがきれいに入るとお洗濯した後、より一層風合いが増すんですよね~
使えば使うほど味がでる作品だと思います。
色合いがシンプルなので出番も多いと思います。

生徒さんもですが、ご一緒させていただいた先生方も
”さあ、明日から50センチサイズの作品鶴久よ!”
と気持ちの切り替えが早いです。 がんばらねば~~

P通信、残念でたまりません。 
最近は4冊のキルト誌を楽しみにしていたのですが、やっぱり立ち読みじゃダメだったなあ。
中でもパッチワーク通信は一番おきにいりだったんだけどな。。。



エッサさん♪

> 残念でなりません。
> 次回のP通信には近くの先生の作品が掲載されると楽しみにしていたのに。
> 社員19名だったようですが、先日大阪キルトウィークも大盛況だったと聞いたばっかりだったのに。
社員さん達、どこかの出版社で力を発揮できるといいですね。
ほんとに残念。
エッサさんが掲載されてるというので久しぶりにパッチワーク教室を
購入したのですが、これが最後だったなんて。
いろんな意味で思い出に残る一冊です。

エッサさん、コメントありがとう!!
私もいろいろ話したくなります!!




Trackback

Trackback URL:
 Home