☆ 母を想う日 ☆

2016/04/12 20:26
今日は母の命日です。
    DSC_5293.jpg
実家の玄関に30年飾られている200×170くらいの大きなキルト。
退色していますが実家の玄関には欠かせないアイテムです。
    IMG_6209.jpg
制作途中でしつけ糸がまだ少し残っていますが、そのまま飾っています。
    IMG_6205.jpg
    IMG_6202.jpg
リビングにかざってあるステンドグラスキルト。
今日は落ち着いた色合いのキルトを撮影してきました。
可愛いメルヘンが好きだったり、丁寧な針づかいが良くわかります。
100年キルトとよく言いますが、これらのキルトもアンティークキルトに近づいてきたな~と思います。
何年飾っても飽きのこない、ホッとするようなキルトを作っていきなさい!! と母が言っているように思います。

母が亡くなってから7年、82歳の父は同じ市内にいますが独居でがんばっていてくれています。
母は脳梗塞で倒れてから3年間、介護病棟で過ごしたので、父や私が家でお世話をすることもありませんでした。
家事とは無縁だった父が、自炊して一人で暮らすペースやコツをつかんだり心の準備をする間、3年間母は父を見守っていてくれたのではないかと思うようなタイミングで他界しました。 最後まで愛いっぱいの母だったと思っています。
お天気も良く、私もオフの日だったので父とお墓参りに行きました。
実家から1時間ほどの田舎ですが、今までは現地で合流のパターンが多かったので、父と一緒に向かうのは本当に久しぶりで道中の懐かしい思い出の場所や新しくできた所へ立ち寄りながら話は尽きませんでした。
    IMG_6256.jpg
昔、両親が田舎からの帰りによく寄っていたという洋食屋さん”くりや”で母が好きだったドリアを一緒にいただきました。
両親も子育てが終わってからグラタンやドリアを作る事がなく、たまにここで食べたようです。
さすがに父の自炊のメニュもーにドリアは無いのでほんとに久しぶりだったようです。
    IMG_6261.jpg
両親は昔から珈琲通だったので、私も珈琲を素敵なカップでいただくのが大好き。 
今日は食後に帰り道にある”蔵人珈蔵”で今日のおすすめ珈琲をいただきました。
珈琲やお客さんに合わせてカップもチョイスしてくれます。
今日はNarumiの可愛いペアカップも素敵でした。
私も父も寒い時期はブルーマウンテンが一番好きなのですが、ここにはなくてちょっと残念。
少し酸味のある珈琲でしたが、新鮮な感じでした。
私が子供の頃も家族で街に出かけると、”ぶどうの木”という落ち着いた小さな珈琲店で休憩をするのがお決まりでした。  子供だった私と兄はホットココアだったのが、いつの時かウインナー珈琲で珈琲デビューした懐かしい思い出もあります。
今年になってから週1くらいで実家におかずを少し持っていったり父の様子を見に行っていましたが、父が元気なうちだからこそもっと一緒に過ごして話をしたい! と改めて思う日でした。
暑くならないうちに、母の庭をまたきれいに手入れしてバラ園も復活させたいな~なんて思っています。
やらねばならないことありすぎだ!!
  にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
    blogram投票ボタン 
 親愛なるパッチワーク・キルト愛好家の皆様、いつも応援ありがとうございます
   今日も素敵な制作日和となりましたか?♪
スポンサーサイト
← ☆ お教室便り ☆ | Home | ☆ after 2 ☆ →



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

もう7年たつんやね。。。お父さんも、元気に頑張ってくれてて、嬉しいね。キルト、懐かしさと、細かなキルティングで、心温まります。くりや、、東の方にあるね。学校帰り、土曜日にドリアを食べて帰ったりしたのを思い出したよ(^^) お母さんも、喜んだことでしょう。後悔のないようにと、私も、割合、せっせと、両方の家には、足を運んでるよ。お喋りするだけで、嬉しそうだし。いい1日だったね。



素敵なキルトi-178
私も改めて飽きのこないいつまでも飾れる
そんなキルトを作っていきたいと思いました。
アンティークか…
お嫁に行ったその先のお宅で、いつまでも飾ってもらえるように
頑張ろう!
なんだか違う励みをみつけました。
ありがとう!

私も元気なうちにもっと時間をいっしょにすごしたいと思っているのですが
何せ自分の身体がこんなんで心配かけてばかり。
いつまでも元気でいてくれるわけじゃあないですもんね。
早く元気になって、片道2時間以上かかる実家でも
月1ぐらいは顔を出したいわ。

それにしても玄関のキルト、本当に素敵。
制作途中でもなんだかそれが絵になります。
いいな。私のキルト、だんな様いつまでも飾ってくれるかしら。
パソコンに埋もれていたりして…(^_^;)



お母様のお人柄なんでしょうか、とても優しいキルトですね。
長く飾っていたいキルト、KAHORUさんの作品作りにしっかり受け継がれていますね。
KAHORUさんのルーツが垣間見えてうれしかったです。



ふーふーさん♪

そう、あのころはまだ末っ子が小学生だったよ~
父もだいぶ年をとったけどなんとかがんばってくれてます。
夫婦揃っててくれるともっと元気でいられるんだろうな~と思う。
いつ来るかわからない介護も含めて、順応に対応出来るようにならないとね~
今はおしゃべりするだけで喜んでくれるんだよね。
ふーふーさんはまだ子供が小さいから忙しいだろうけど時間の奉仕、がんばろうね。




エッサさん♪

昔の雑誌に出て来るようなキルトが万人に好まれてつかってもらえるのかな?と思うようになりました。
昔は思わなかったけど、最近はこの先キルト達はどうなるんだろう?って思ってから
自分の作りたいキルトが変わってきました。
今でもアンティークキルトを見て素敵だな~好きだな~って思うんですよね。
私たちのキルトも孫の代でアンティークになっちゃうんですよね(笑)
大きなベットカバーよりも季節のキルトやソファーカバー、お昼寝ケットのサイズの方がいいのかも・・・
などなど。
頑張りましょう~~!!

私は片道30分くらいなので週1~2回がんばって通おうと思いますが、
行けないときには電話一本でもいいんですよね。
両親にいつまでも元気でいてもらえることを願いましょうね~~



yusamamaさん♪

私は本当に幸せだったんですね。
当たり前のように普通に思っていたことが、最近ありがたく思うことが多々あります。
自分は子供たちに何か残せているんだろうか??
今からでも遅くないかな?
私らしく生活してみよう~~と改めて思う日でした。



Trackback

Trackback URL:
 Home