☆ Newキッチンツール ☆

2016/12/05 23:41
有線大賞を見ながら投稿しています。
こういう番組を見ると”あ~今年が終わる!!”って実感します。
年末年始でほんの数日家族が勢ぞろいします。
ワッフルは定番のおやつですが最近焦げ付き始めたので3代目に乗り換えました。
初代はワッフル専用、2代目はプレートが3種類ついててワッフル、焼きおにぎり、ホットサンドが作れる物でした。
今回は初代と同じワッフル専用。 
キッチン家電には必ずレシピ本が付いていて、今回はホットケーキミックスを使ったワッフルのレシピがあり、すぐできるのでお試しに焼いてみました。
    IMG_8078.jpg
先代のは一回焼くのに6~8分かかったのですが、今回は3分でしっかり焼き色もつきました。
プレート取り外しができない分、熱伝導がよく作られているようです。
時間がかかると水分が飛ぶので良かった!!
先日旦那様が次男に買ってきたバターナイフも使ってみました。
たっぷりはちみつが取り出せて、ナイフ代わりにサクサクカット出来てなかなか良い!!
と、私が先に使っちゃいました。

去年の暮れに生徒さんが”2時間でできるよ~”家庭用の餅つき機でのし餅を作ってきてくれました。
これは私も作りたい!!と、餅つき機をいろいろ探索していました。
使用頻度からいうと、餅つき機能の付いたホームベーカリーの方がいいかな?とアマゾンのお気に入りにいくつもキープしていたのですが、某ホームセンターでディスカウント品を見つけたので迷わず購入してしまいました。 
    IMG_8161.jpg
右の端は現役で我が家2代目のホームベーカリー。
これは天然酵母の発酵機能があって、1,5斤のパンが焼ける大容量です。
焼く機能はほとんど使わず、1、5斤用なのに2斤分のパン生地やピザ生地をこねて発酵までさせるのに使っています。
右から2番目がNewホームベーカリー。 
お値段は安かったけれど、新しいものは多機能です。
ジャムやパスタ生地機能もありました。
パンは1斤分、お餅は2合分作れるようになっています。
    IMG_8182.jpg
写真の色が悪いですが、春に収穫して乾燥冷凍させていたヨモギを使ってお餅を作ってみました。
タッパーにビニールを広げてできた餅をボトッと入れて時間を置くと良い、と生徒さんから教えてもらった通りにするときれいなのし餅になりました。 
水分が少し多かったようで柔らかめのお餅になりました。
お米の水加減ってむつかしいですね。
それももち米は普段から常用しているわけでないのでなおさら。
餅つき機能をマスターして干し芋を使った”かんば餅”を作るのが最終目標です。 
お道具は買うまでに調べて比べたり吟味したりするのも楽しいし、使い始めてからうまく使えるまでの試作も楽しいな。
    IMG_8138.jpg 
手仕事はハウスのキルトのログキャビン部分の850枚の生地をカット&配色して組み合わせを作りました。
1㎝幅のストリングはローリーカッターを使いました。
年内にキルトトップ完成を目指して作業を進めます。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
    blogram投票ボタン 
 親愛なるパッチワーク・キルト愛好家の皆様、いつも応援ありがとうございます
   今日も素敵な制作日和となりましたか?♪  
スポンサーサイト
← ☆ Atelier MYUMYU ☆ | Home | ☆ いい知らせ ☆ →



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home