FC2ブログ
2018-11-05 23:10 | カテゴリ:パッチワーク
母が他界して8年、一人で頑張って暮らしていた84歳の父の生活に不安を感じはじめ、7月には週2の通いが毎日になり、同居を決め、荷物を運び始めた矢先に,、高熱を出して動けなくなった父を救急入院させることになりました。 
8月には病状が落ち着いたものの、入院したばかりの時はカミオムツのお世話になりもう家に帰ることはないのかと思ったほどで、半月ほどで快復してきたものの杖をついて誰かが介助しながらでも100歩ほどしか歩けない状態で父を連れて帰らねばならないかと、その準備に追われました。
介護認定の手続きや、退院後の生活を想定してリビングにベッドを入れたり・・・・
トイレは一人で行けるのか??と悩んだり、 病院にいる間もボケないように時間を作っては顔を見に行って話をしたり・・・
同居の準備も、取り急ぎ必要なものだけを持ってのつもりが、TV、洗濯機、冷蔵庫は使い慣れたほうが良いなあ~と半分くらいの家財道具と私の布類等々・・・  引っ越し業者さんの手を借りました。
毎日何をしていたのか分からないほど忙しく、心身ともに大変な8月でした。
ドキドキとかなりの覚悟をしての同居が始まりましたが、うれしいことに父のプライドといい意味での傲慢さが後押しして、日に日に元気になり、約2か月でトイレやお風呂、着替えなど最低限の事は自分でできるように復活しました。 
私が仕事に出ている間は娘が来てくれて見守ってくれています。
週2日は、ジムに近いリハビリ系の半日デイサービスの利用と、夕方4時から5時半くらいまで近所の喫茶店へ出かけておいしいコーヒーを飲むという日課のおかげでペースも整い、8月には想像もできなかったほどの回復ぶりです。
介護というよりも25年ぶりに実家に帰って父と共に暮らしているつもりで新生活を送っています。
    IMG_3127.jpg
      IMG_3126.jpg
私のお気に入りのこのアトリエからは窓際のローボードや書物も引っ越したので机と空っぽの食器棚が残されました。 
この冬は隣の義母の山野草や植物の温室に提供しました。
この3か月がとっても長く感じられて、この写真がもうすでに懐かしく感じます。
10月の終わりには、2月に結婚した長女のお式と披露宴もありました。
    IMG_3846.png
一目ぼれしたピンクのドレスを着てご満悦の笑顔です(#^.^#)
    IMG_1142.jpg
私の新生活の第一作、サテンの巻きバラに苦戦しながら作ったリングピローもお役に立てました。
8月からのバタバタの中、生徒さんたちに迷惑をかけながら甘えながらですが午前中のお教室だけは続けてこられました。
    IMG_E3110.jpg
Nさんはパッチワーク倶楽部に掲載されていたコスモスのキルトを模作しました。
生地の準備をお手伝いしました。 
        HLHF2904_2018110521295494c.jpg
娘達の披露宴の会場は、コスモスとカスミソウだけのテーブルコーディネートでとても可愛らしく、家に持ち帰ったコスモスを見ながら、私も来年作ろう!と思うくらいかわいい素敵なキルトです。    
    IMG_3760.jpg
久しぶりに友人からキットの注文を受けました。
ドレスデンのポーチです。
    IMG_3788.jpg
追加で10セット分を準備しました。
生地を見ているだけでもワクワクします。
少し落ち着いたので、キルト便りと父との暮らし、時々投稿させていただきます!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルト へ
 親愛なるパッチワーク・キルト愛好家の皆様、いつも応援ありがとうございます
   今日も素敵な制作日和となりましたか?♪   
スポンサーサイト



秘密

トラックバックURL
→http://korobokuru.blog43.fc2.com/tb.php/462-f62120f5