☆ お気に入りのキルト糸 ☆

2013/03/16 21:43
先日のポーチの中の記事のあと、”キルト糸何使ってるの?”とのメールを数件いただいたのでお答えしま~す!!
東洋のカタン糸30番です!!
私がキルトを始めたころ、もう20年も昔ですがそのころ母がキルティング用に使っていました
当時は高知の手芸屋さんにDualDutyの糸があまり入っていなかったのか、高かったか・・・(笑)
DualDuty自体が日本に出回ったのが1988年らしいので、そんなところかな?
私も10年くらいはDualDutyをメインで使うようになったけれど、作品によって、特に大きい作品にはこの糸を使っています
    CIMG0922.jpg
一番上が東洋の30番、一番下は東洋の40番
DUALDUTY(るびいが噛んでボロボロです)と比べると結構太いのがわかるかな?
これを使う理由はただ一つ、綿100%だということとキルティングがはっきりと出ること。
DualDutyも中心にはポリが入ってるけど表面は綿だから問題はないと思うけれど、綿100でこの太さのダルマの糸は安心できるかな(^_^)v
    CIMG0916.jpg
最近はミシンキルトの作品も多いので、改めてハンドキルトはハンドらしさを出すのに太めの糸も味があるかもしれませんね! 
    CIMG0911.jpg
クリスマスキルトには40番を使いました
    CIMG0910.jpg
30年前の母のキルトですが、キルティングは大丈夫なんだけれど、シーチングをつないだ時の糸がクチてほどけちゃいました。。。 シャッペスパンの手縫い糸。。 
それ以前の作品はダルマの絹糸を使っているので無事なんです!
ポーチやバックのように寿命の短い作品には針通りのいい使いやすい糸で大丈夫だと思いますので使い分けていけばいいと思います。  
    CIMG0914.jpg
娘に作ったベットカバーは刺繍糸も綿にこだわりましたが、擦り切れる心配はあるかも。
あと・・・キルト綿は、お洗濯後の乾き具合も考えて化繊の綿を使っているのも良かったのかどうか。。。
東洋のカタン糸30番は昔大人買いをしてあった分で、今は下の40番のようなデザインになっていると思います
高知の手芸店には40番しか置いていないのでネットでさがさないとな。。。
残りあと2個で今のキルトを仕上げます!!
   にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ    blogram投票ボタン 
 親愛なるパッチワーク愛好家の皆様、いつも応援ありがとうございます
   今日も素敵な制作日和となりましたか?♪  
スポンサーサイト
← ☆ 干したり漬けたり ☆  | Home | ☆ お教室便り ☆ →



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

お母様のキルトも糸目が綺麗~~。
いいものを見て育ってると感性も育つんだね~~。

キルト糸はいろいろ悩むけど
やっぱり薫ちゃんに教えてもらった東洋の糸が使いやすい気がします。



myumyuさん♪

母のキルトにはいろんな意味でなかなか追いつけません
素朴さや温かみも含めて、ただの趣味でなく意味があって作られているのがわかります
そんな環境で育ててもらったのはほんとに幸せだと思う!!
だからこそ私たちも・・・・ね!!

DUALDUTYは扱いやすいけれど、長めに使っていると針穴の部分で急に切れてしまうときがある。。。
綿だけを拠った糸はもう少し強いと思うね!



初耳です!

東洋の糸って初耳です!
KAHORUさんらしい!^^(ブログへのコメなのでこちらのHN使いました♪)
今はハンドでもいろんな糸を使ってますが、素朴さがあって良さそうですね。

今、普及協会ではデュアルデューティはほとんど使ってません。
糸が固いからです。
スイスのメトラーが多いのかな? 最近ハンドはしてないので良くわかりませんが(教えてないし(・_・;))、ポリシーンはハンドにもミシンにもお勧めのポリ100%です。 

メトラ―からコットン100%も出てます。 こちらは糸が太目でマットな色合いで発色がきれいですよ^^



東洋の糸を使ってたんですね。
これは結構太い糸で丈夫ですよね。
トーカイで扱っていると思うけど…近くにトーカイはないですかね。
それともネットでまとめて買ったほうが安いのかしら?
色は白と黒しかみたことがないけど、他にもあるのかしら?

私は手軽に手に入るデュアルデューティを使っています。
どこのお店にも置いてあるので。
メトラーは遠くのお店まで行かないと、または注文しておかないと買えないのでそろえては持ってないかなあ。
ミシンはポリシーンを使っていますが、近所ではなかなか手に入りません。
これもよく使う色だけ。



ケンケンさん♪

東洋というとわからないかもしれませんがダルマと言えばご存知ですよね!!
ダルマのカタン糸とも言います
ミシン糸は撚りが逆だといわれるけれど、この糸はそれも感じないくらいしっかりと撚られています

高知の手芸店ではキルト糸と言えばデュアルデューティしか置いていません
張りが強い糸だけれど、その分もつれなくて扱いやすいということもありますね!
私もピーシングにはメトラーの綿糸も使っています
太くて少し光沢があってきれいですね!!
ただ、変色するのが早いように思います
特に白糸は黄ばみが早いようです
糸にもいろいろ特徴があるので、用途に応じて使い分けていきたいですね!!



エッサさん♪

東洋の糸も30番から90番くらいまで定番でそろっているので、30か40くらいを使い分けています
そうそう! 黒と白しかないんです。
ミシン糸の所にそろっていると思います
デュアルデューティは手軽で安価でカラーバリエーションが豊富なのが魅力ですね!!
メトラーはネットでの購入のみで、ちょいと高い。。。
白と生成りだけ箱で購入して置いてあります
ミシン糸はシャッペスパンばかりです



こんばんは!

こんばんは!
すんごく御無沙汰してまーーーーす。
生きてますよぉ~笑

やっとネット界に復活してきました。
またよろしくおねがいしますね。

糸ですね~。
キルターにとっては、永遠のテーマかもしれませんね。
わたしは、モンリッキーをずっと愛用していましたが、今は、DUETかPICEを使っています~。
生徒さんたちにもよく聞かれますが、こればかりは使ってみて、自分に合うものを探すしかないですよね~。
でも、コットンにはコットン糸、納得だなぁと思います。
今度使ってみようっと!



こんにちは~(^^)

どこの糸かな~と思っていました。ダルマでしたか~懐かしいですね。パッチワークらしきことを始めた頃、持っていたダルマとシャッペを使っていました。「手縫いはダルマ」と学校の先生に教えてもらったような~35年くらい前ですけどね(笑)今は、ハンドはメトラーです。

お母さまと二代でキルターなんですね~あたたかい感じのキルト、ステキですね~






く~ちゃん♪

おひさしぶりで~す!!
わかってますよ!!  
いろいろとお忙しくされてることとおもっちょります(*^_^*)

またお話できるのがうれしいです!!
こちらこそよろしくね!!

針や糸、ここまでやってるんだからちょいとこだわってみるのも楽しいかな?
と思うのですが、知らないものもたくさんあるし、作る物によっても異なるしあ~だこ~だと言っています

モンリッキーは何にでも使えるようにとグレーをいつも持ちまわっています!
細くて目立たないので、いざというときの糸です
PICEは以前はたくさんあったのですが、最近高知のお店では取り扱いが減ってきました
あの糸巻が大好きで、なくなったらビンにいれて貯めてあります

この糸は針に通すときから難儀するので、生徒さんにも強制はしていません(笑)



ごん太さん♪

昔から母が使っていた手縫い糸、紙の板に巻かれたものもダルマのマークがついていました!!
懐かしいですよね~~
最初のころは糸を針に通してピンピンってはじいて巻き癖を直すのがかっこよく思いながらやってた時もあります(笑)

母がしてなかったらパッチワークに出会えていなかったかもしれません!



Trackback

Trackback URL:
 Home